シンプルライフを目指す、パート主婦の日々の生活や出来事、節約や心のつぶやきなどを綴っていきたいと思います♪ 不妊治療も頑張ってます!

  主婦のシンプルライフ 【節約生活&心の整理整頓】のナビゲーター   トップページ >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の知らない裏話? 流産処置

2013 - 12/26 [Thu] - 21:10


流産処置が終わり、旦那くんに迎えに来てもらいました。


普通に動いている私に、旦那くんはちょっとびっくり
しているように見えました。

以前、検査で全身麻酔したことがあったらしく、
術後、ずーっとフワフワしていて、まともに歩けなかった
みたいです。

麻酔の種類や量にもよると思うのですが、
意外とすっきり動けるんですよね。


晩御飯にすきやき弁当をリクエストして
買って帰りました。


私が麻酔が効いていたときの話をしてくれました。

私が手術前で旦那くんと会ったと思ったのは、
なんとベットの前だったり、
車椅子で戻ってきたとのことだけど、
私は看護師さんたちに抱えられて歩いていると思い込んでました。


帰りに手術室前を通ったらしいけど、
かなり血が飛びまくっていたみたい。


それは、聴きたくなかった。


簡単に子宮内容をちょちょっと掻きだすイメージだったので、
そんなに血が飛び散るほどのことをされたのかと思うと
怖くなりました。


でも、痛みはそれほどないので、普通に飛び散るもんなんでしょう。


旦那くんがその手術室を見てしまったことで、
今後の夫婦生活が心配になってしまいました。


よく出産に立ち会うと、その後の夫婦生活ができなくなる
旦那様もいるとのことで、血とか弱そうな旦那くんなので心配。


子宮内容洗浄処置 7週目の初期流産

2013 - 12/26 [Thu] - 21:00


朝、目が覚めると、昨日の落ち込みは落ち着いてた。

今日、本当に手術を受けなければいけない
現実を受け止めなければいけなかったことで、
落ち着いたのか。

普通に旦那くんを会社へ送り出し。

のんびりしながらも、術後のために
最低限の家事をし、ゆっくり過ごした。


子宮内容洗浄。


再度、内診があり、やはり心拍が確認できないことを確認。

手術用に子宮頸管を緩める処置とカテーテル的なものを
子宮口に挿入。

そのまま、手術する棟へ移動。


普段は、入れない別棟にこういう形で入れるなんて。。。


点滴をうけ、予定通りに昼過ぎに手術。


全身麻酔なので、怖さはない。


旦那くんが手術前までつきあってくれた。
何もすることもない待ち時間2時間ほど。
何も話さず、ただただ点滴して寝ていた私に付き添ってくれた。

手術に入るとひとまず会社へ出勤。

そして、私は気がつくと手術は終わっていた。



全身麻酔って本当に不思議。

すうっーと記憶が本当になくなるんだよね。

体外受精の採卵時にも全身麻酔だったから、怖さはなかった。



目が覚め、看護師さんに抱えられながらベットへ。

なんと目の前に旦那くんがいた。

「あれ?いたの????」


と、言った後の記憶は全くなし。


心の中では、いてくれたんだ。
心配してくれてるんだ。
ありがとう。

と思ったものの一瞬で眠りに落ちたけど。



次に1時間ぐらいで目が覚めた。

トイレの許可がおり、そして、また30分ほどで、水分補給の許可が出た。


ずっとしてた点滴を外してくれている看護師さんと
少し話をした。


何度か目を覚まそうとしたみたいで、
麻酔を追加したとのこと。

そうなんだ。。。さっぱり、わからない。覚えてない。


看護師さんいわく、やはり心拍確認後の流産はあまりないとのこと。

そうなんだよね。

ネット情報はやはり量が多ければ、少例でも情報は情報になる。

一般的には、心配確認すれば流産率はぐっと減るもんなんだね。


「辛かったね。」

とやさしい言葉をかけてくれた。


思わず、本音で。

「昨日は辛かったけど、今日は大丈夫です。」


うーん。冷たいかなあ?

でも、昨日の辛さからいえば、本当に今日は大丈夫なんだもん。

覚悟ができたというか。。。

仕方ないというか。。。


でも、術後の安静時に少し思い出して涙しちゃったけど、
思ったより、ドライな自分がいてビックリ。


仕方ないものは、しょうがない。


たぶん、今までの苦境もこの感覚で乗り越えてきたんだよね。
私って。


自分の力でどうしようもないことだったと(思う)


術後の痛みは、あまりなかったかな?

でも、子宮内を取り除いたから、傷ついているはず。


今日から、抗生物質3日間分と子宮収縮剤を5日間。

この子宮収縮剤がシクシクとするみたい。


年末まで、安静生活かなあ。。。

少しでも早く子宮の回復をしなきゃね。



4日後に術後の経過内診の予定です。
30日。

年末に病院なんて。。。


お腹の中にいた赤ちゃんがいなくなった
実感もないまま、今年も終わる。。。

今は、自分の体のことだけ考えよ。

心拍確認後の流産に旦那くんは

2013 - 12/25 [Wed] - 21:30


旦那くんが帰ってきた。

明日の流産処置に向けて、書類に署名してもらわなければならない。

なんか、むごいよね。。。。



昨日までの妊婦生活が一気にブルーに。


できるだけ泣かないでおこうと思っていたけど
自然と涙が出たりして、結局、目は腫れまくり。

おかえり。


と言った後、顔が見れなかった。

見られたくなかった。

不細工すぎる顔を。。。

抱きしめてぎゅっとしてほしかったけど、
そこまで旦那くんは気が回らなかった。


いや、泣いていた私にどうしようもできずにいたんだと思う。

思えば、旦那くんの前で真っ赤な目をした記憶は
ほとんどない。

こんなに傷心した私を見たのも初めてかもしれない。

少し話をして、普通に書類に署名して、
コタツでテレビをみて、のんびり。

普通をよそおってるが、たぶん、私のわからないところで
泣いたに違いない。

あんなに楽しみにしていた旦那くんだし、
なんせ涙もろいもん。

普通をよそおっている旦那くんが少し痛々しい。


私のそばにいてくれたのは嬉しかったが、
とてつもなく寂しかった。

旦那くんが寝るときに
先に寝ていた私をぎゅっとはしてくれたけど、
私は一人だった。

何も考えたくなかった。



誰がどうしてくれても、寂しさは変わらない。

そばにいてくれるだけで、ありがたい。

本当に時間が薬。


頭ではわかっていても、体と心がついていけない。

誰にどう元気づけられても、気持ちをありがたく
受け止めるだけで必死。
もちろん、その言葉がなければ、もっと悲しんでると思う。


でも体と心は、時間が必要。


なかなか、受け入れられない自分がいるんだと思う。

明日には、本当にお腹の中からいなくなっちゃう。

それでいいのかなあ?

1週間後に心拍が確認できることもなきにしもあらずだよね。。。


病院の見解からいえば、早めの処置しかないんだよね。

もう、年末だし。


体はいたって、元気なんだけど。
体の中は、違うんだ。


頭ではわかってはいるんだ。ほんとに。


繋留流産 妊娠7週目

2013 - 12/25 [Wed] - 21:10


繋留流産。

初期の流産は、胎児の染色体異常が大半だとわかっていても、
自分がもっと気をつけていればと思ってしまう。

とりあえず、安静。

気がつくと涙は出て、瞼は腫れあがっている。

旦那くんが帰ってきたときは、号泣してしまうだろうか。。。

この目の腫れが治まっているだろうか。。。


何も考えたくない。

けど、流産処置時に受付に診断書が必要な場合は言わないといけない。


そういえば、流産も生命保険給付金の対象と言ってたのを思い出し。

こういう時だけど、担当者に連絡。


電話する元気はないので、ラインでやりとり。
今の時代って便利。


この状態で、こういう話ができる自分って。。。
ひどいかも。

と、思いつつも
何かしてないと、気分のプラスαなことがなければ
もっと落ち込んでしまう。。。


知り合いにも流産した人がいたけど、
まさか自分が流産だなんて、信じたくない。


流産処置は、子宮内容洗浄という処置らしい。

明日は、朝10時に病院入り。
診察後、手術前処置(点滴など)後、
昼過ぎに手術予定。
手術は15~30分程度。

そして、安静後、17時頃には帰宅。

今日の夜から絶飲食。

車運転はもちろん、NGなので、旦那くんの送り迎え。
仕事日なのでに、悪いな~と思いつつ。
できるなら、甘えるしかない。

年末年始の旦那くん実家訪問など、いろいろ気がかりはあるが
今はもう何も考えず。

自分の体のことだけ考える。

こういうことも必要なんだ。


妊娠7w2d  心拍が止まった!!

2013 - 12/25 [Wed] - 21:00


妊娠7週目の検診。 7w2d


今回は、院長先生でした。

もしかして、転院(卒院)の話が出るのかな?と期待。


いやいや、その前に出血の不安がよぎるけど、
赤ちゃんの力を信じる!!

超音波検査。


私が見ているだけでもわかる。
胎嚢が前と形が違う。なんか二つもある。

胎芽らしいものもちょっと見えにくい気がする。


しばらくして、先生が心拍が確認できないなあ。。。
前は確認できたら、今回はもっと確認できるんだけど。。。


看護師に他の医師を呼ぶように指示。


目の前が暗くなる。。。
嫌な予感が的中にかわりつつある。


他の医師もいろんな方向から確認されたけど、
やはり心拍確認できず。

だめもとで
また、見えることはあるのですか?と質問してみたけど
一度、確認できた心拍が確認できなくなったとなると
それは、難しいかな。と。

やはりか・・・。

ネットの情報のほうが、やさしい見解が多いけど
実際、医師の見解はこういうものだろう。

すぐに流産処置の話に変わった。


なんか、現実が受け入れない状態で、もうこんな話になるの?


染色体異常の検査を希望するなら、明日しか手術できないとのこと。


最初の妊娠だけど、できることは早めに解決させたいので、
旦那くんの了承を得ずに明日の手術を予約。


明日になって、もしかしたら心拍確認されたら・・・


診察後の連絡を心待ちにしている旦那くんにラインで連絡。
心拍が確認できなくなって、明日、処置との説明。

どんな反応をするだろう。
昨日の出血を内緒にしていたので、思いもよらない連絡だろう。

私はどう説明しようか・・・大丈夫かなあ?と
思いながら、手術の説明を受け、病院が終わった。


病院を出るころに、旦那くんからの電話がなった。

着床したときは、半泣きしてたのがわかったぐらい涙もろい
旦那くん。
号泣されるに違いない。

と、思いきや・・・

私を元気づける言葉や、また機会があるとか。。。
そういう言葉を言い続けてくれた。

私は、言葉は返すものの今はどんな言葉もいらなかった。
考えられないのが本音。

でも、必死に話しかけてくれる旦那くんの気持ちを
ありがたく思いながら、前向きな返事もまともな返事もできず
ただただ、うん。としか、いえず。

片方が落ち込んでたりすると、片方は落ち込みすぎず、
平静になれるもんだけど、旦那くんは冷静だった。

その冷静さに、気持ちが伝わって、また涙ぐんでしまう。。。


帰って、即効、職場に休み連絡と、年内の休みを確保。

そして、以前にもまして絶対安静をしてみた。


もう遅いかもしれない。

前回の検診で胎芽が2.3ミリ。

一日1ミリぐらいの早さで大きくなるとネットでみたから、
今回の検診で6ミリぐらい。

となると、3,4日前には、心拍が止まった可能性が高いと
思える。

無駄なあがきかもしれないが、何もしたくないのも本音。

何も考えたくない。


忘れがたいクリスマスになった。。。

« | HOME |  »

プロフィール

simplelifeup

Author:simplelifeup
あくまでも心地よい生活を目指す主婦のブログです!!
毎日の出来事や気持ち、また節約生活や家計事情、など色々と綴っていきたいと思います♪
よろしくお願いします

2013年 3月から不妊治療を開始しました。
2013年
  4月 人工授精1回目 NG
  5月 人工授精2回目 NG
  6月 人工授精3回目 NG
  7月 人工授精4回目 NG
  8月 体外受精1回目 NG
 11月 体外受精2回目 NG
 12月 体外受精3回目 陽性
     7週3日目で繋留流産
2014年
  1月 2周期のお休み期間中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

基礎体温表

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
96位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Thanks !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。