シンプルライフを目指す、パート主婦の日々の生活や出来事、節約や心のつぶやきなどを綴っていきたいと思います♪ 不妊治療も頑張ってます!

  主婦のシンプルライフ 【節約生活&心の整理整頓】のナビゲーター   トップページ > 2013年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入籍!!

2013 - 01/31 [Thu] - 19:09

年初めの最初の祝日で友引だった 入籍

午前中にお役所に行くつもりが、
12時ちょっと過ぎちゃいました。

なんでか、こういうことは午前中にしたほうがよいって
言われてますね。。。なんでだろう。

たまたま、同じ日に地元のアナウンサーが入籍したそうで、
担当のおじさんが教えてくれました。

でも、それって・・・
個人情報だから、言ってはダメだよ~・・・。


ま、それはおいといて。


そして、彼にはサプライズという言葉がないと思っていましたが、
なんと、初めて待ち合わせしたホテルに予約をいれてくれていました♪

入籍したあと、ホテルでゆっくり中華を食べ、のんびりしました。

本当は、彼はバーに行きたかったらしいのですが、
ぐーすか寝てしまい、予定が台無しだったそうです。


1日しかない大切な日だから・・・
とちょっとだけ景色のよい部屋を選んでくれました。


ロマンティストでは決してないけど、
しそうにないことをされると、なぜこう嬉しいのでしょうね。


初めてのサプライズかなあ?

でも、途中で気がついちゃいましたが・・・・



そして次の日は、母がお祝いでご馳走してくれました。
しかも、同じホテルで。


スポンサーサイト

新居について

2013 - 01/28 [Mon] - 11:08

結婚は、結婚式や新婚旅行だけでなく
新生活にはじめるにあたって、
新居探し、家電や家庭用品を揃えたり大変です。

女性はそのうえ、転居届けだけでなく
性が変わるので、変更手続き等が大変・・・

ただ、一人暮らししていた私の部屋が
二人暮らしでも大丈夫な広さがあったので、
彼が住み着く感じになりました。

そう、引越しという大仕事はありませんでした。

家電も既に揃ってるし、
彼は数個の服と靴を持ってきたぐらいです。


クローゼットを半分あけるのに
服を大量に処分しなければならなかった、私の片付けは大変でしたが・・・


ただ、ダイニングテーブルがなかったので、
ダイニングテーブルベッドはさすがに買いました。

でも、結婚してのんびり自分たちの気に入ったものを
探していたので、
全部揃ったのは、結婚して4ヶ月後でした。

マイペースもいいところ・・・(^O^)




前撮り

2013 - 01/26 [Sat] - 11:06

前撮りをするかしない・・・

ギリギリまで悩みました。

当日では着ない、和装で白無垢を着てみたいのもあって、
前撮りで和装をしようと思いました。

が、なんせ費用が高い!!

いくらリーズナブルで衣装代無料だとしても、
着付け料カメラマン代で結構な出費。

当日は、貴重な一生に一度の写真なので、
友達や親戚のスナップをあてにせず、
プロを入れるのは決定済みだったので、
アルバムを作るか作らないかで悩んでいました。

あと、出席者との全員と写真が撮りたかったので、
カメラマンをいれることで、要望を聞いてくれるのも大きかったです。

ただ、全員との写真は会場の関係や時間の関係から
テーブルごとの撮影になりましたが、
あとで、皆さんからも喜ばれてよかったです。
(私は、彼側の親戚の方の顔と名前を覚えるの活用してます)


結局、作らなくても作ってもそんなに費用は変わらなかったので、
アルバム作成+前撮り+当日カメラマンをお願いしました。


前撮りの理由はもう一つ、
みんなとの写真とメッセージを込めたエンドロールを
作成する予定だったので、
最後に和装姿の二人の写真で締めたかったのです。

挙式12日前というエンドロールにギリギリ間に合う
日程での前撮りでした。


前撮りは正解!!


メイクのリハーサルにもなるし、なんといっても
カメラ慣れしてなく苦手な人でも、
この前撮りで当日は、カメラ慣れして自然に笑顔が作れやすくなります。


ちなみにビデオは親戚がホームビデオ
ばっちり撮ってくれました。

ビデオはそうそう見なくなるだろうといらないと思って
プロは頼まなくて正解。

ホームビデオの素人さとコメントが
またよい感じでした。


前撮りは半日がかりの大仕事
平日しかダメだったので、彼には仕事を半休をとって、撮影。

予定通り、
白無垢姿赤の色打掛、あとは当日着る予定の
ウェディングドレスカラードレスで4着の前撮りで
教会、神殿、スタジオ、ロビーでの撮影でした。

スナップ写真で自分たちでバシャバシャ撮ってもよかったので、
すぐに家で楽しめました。

エンドロール用にも撮影し、活用しました。




結婚指輪

2013 - 01/25 [Fri] - 10:56

この先、一生・・・何十年もずっとし続けるだろう結婚指輪


「飽きのこないシンプルで年をとってもおかしくない指輪」
探してました。


思ったよりいろんな種類があり、
かわいらしいのもあれば、ハードなやつもあり。

フルエタニティの豪華なやつもあり。。。


最初は、エタニティが気になっていたのですが、
不幸事には、不向きだなあ・・・と。
せめて、ハーフエタニティにして、状況に応じて、くるりと回す。


あと、ゴールド系のアクセサリーもよくするので、
シルバーとゴールドのコンビのものも候補でした。


でも、一番は彼がしてくれそうな指輪を探すことでした。


最初、女心もわからない彼は、
「結婚指輪ってどの指にするん?右手?左手?薬指?何指?」

そんなことを言ったと思ったら、
「指輪は絶対せんから。指輪したら指がかゆくなったことがあるから」

と、あっさり。

少しは、せんでもええかなあ?とか、打診してほしかった。


軽く流していたのですが、時がたつにつれて
「やはり、したほうがよいよな・・・」


どういう心境の変化か・・・



ま、つけてくれるなら、つけやすいシンプルなやつにしようと
思っていたのですが・・・



あるお店で、彼のほうが一目ぼれ

「これがいい!! かっこいいと思わん?」


いや~・・・私の趣味も考えてよ。。。

でも、さすがはプロの方。 

オリジナルのデザインの幅を細くすることで、
イメージが変わり、私の許容範囲に。

しかも、婚約指輪とセットでできるよう
カーブのデザインも調整してくれるとのこと。


彼のあまりの気に入り方に決定!
しかありえなかった・・・


歳をとっていくにつれて、傷だらけになって
時代をきざんでいく指輪が楽しみです。



ちなみに、人におすすめするなら、
「ハーフエタニティ」か
「カルティエのゴールドとシルバーのコンビのファッションリング」
(こちらは、友達が結婚指輪としていましたが、素敵でした)
かなあ?

アフターサービスも考えると、カルティエは少し面倒ですが・・・


【余談】
ゴールド系のアクセサリーをつけるときに
結婚指輪のシルバーに違和感を感じるので、結婚記念日の節目に、
「セットでできるゴールド系のハーフエタニティ」をプレゼント
してくれないかなあ?




結婚式のコンセプト・イメージ

2013 - 01/24 [Thu] - 11:05

結婚式の準備が進む中、
漠然としすぎて?情報量が多くなったせいか?

いろんなことが、なかなか決められない。。。

あれもいい、こっちもいい。。。

彼は、基本的に好きなようにすればいいとはいうけど、
意見もいう。

しかも、たいてい、私と違う。
好み?趣向?がちょっと違うんですね。

で、ゼクシィとか読んでいるうちに気がついたのは、
私たちのしたい結婚式が漠然としすぎてること!!

そう、コンセプトがない!!

コンセプトを決めようと思い、考えました。

歳も歳のなので・・・

私たちのコンセプトは、「大人婚」!!

20代の結婚式では、友達の余興などを4,5組いれたりして
賑やかにするけど、育児に追われてる友達が多い中、
基本、余興なし!!

彼側は、友人のスピーチのみ。
私側は、友人による生い立ちムービー作成のみ。

で、参列者が楽しんで満足して帰ってくれる式がいいかなあ?と。

なので、一番楽しみな料理には奮発して、
満足できる味&量のものに変更。

この「大人婚」を決めたら、
最後まで悩んでいた、カラードレスもあっさり決まりました!!

そのあとの、決定事項も案外すっきり決まっていきました。

ほんと、コンセプトは大事ですね~。

新婚旅行はどこへ?

2013 - 01/23 [Wed] - 11:17

一番楽しみにしていたのは、新婚旅行♪

彼は海外にはアメリカしか行ったことがなく、
彼が行きたいところになるだろう。。。と予測はしていました。

たいてい、奥様の希望の場所へ行くことが多い中、
彼は、
「オーストラリアがいいと思うんだけど・・・」 と、いきなり。

普通、「どこに行きたい?」って、聞かれれると思っていたからびっくり。


理由は、何十時間も飛行機に乗らないといけない
ヨーロッパ方面はきつい・・・

比較的近くて、私が行ったことのない国でもあることから

オーストラリア、だって。

納得&私も一度は行ってみてもよいと思うし、
ハネムーンに人気の場所ともあって、承諾。

しか~し!

時期が悪かったらしく、オーストラリアは雨季
もし、行ってもずっと雨の可能性もあるので、やめておいたほうがよい。
と旅行会社の人がものすごく強調。。。

3,4月のオーストラリアは、
日本の梅雨より雨量が多かったような感じでした。

それに比べて、いついっても天気もよく
ハズレがないのが、ハワイ!

ハワイをすすめられ、ハワイに決定!!

新婚旅行なので、オーシャンビューの景色がよい部屋をチョイス。

朝起きて、海が見れない部屋なんて、テンションが下がってしまうもの。。。


行った人は、何がよいかわからないけど、何かがよい!と評価されるハワイ。

ある人が言うには、風が心地よくて
働いている人がみんな楽しそうなのが、居心地がいいんだと。

これは、行って感じた人じゃないとわからないから、
一度は、その風にふれてみたいなあ・・・と思っていた。

いつの時代でも人気のハワイに決定!


ちなみに出発は、挙式の約1ヶ月後。
続けて行くには、体がしんどいみたい。

ま、入籍&披露宴&新婚旅行を分散して楽しめるからいいけど。

もう少し、体力をつけろ~!

衣装選び

2013 - 01/22 [Tue] - 11:04

会場と日取りが決まれば、すぐに始めるのが、
衣装選び!!

早く好きな衣装をおさえることが始まります。

しかし・・・

思った以上に決まらなかったのです。


フェアで他会場で試着させてもらったマーメイドのウェディングドレスが
彼も私も気に入っていたので、同じようなものがあると
思っていたところ。。。

どのマーメイドも程遠い。
普通のマーメイドでいいんですが・・・
これも時代の流れで流行があるのでしょうか。

衣装で会場を決めたという人もいるほど、
衣装にこだわりがある人には、要チェックです!!

ウェディングドレスオーダーカラードレスレンタル


結局、トータルで7回も通いました。
平均、2・3回で決めるとのこと。

自宅から近いということもあって、
彼と5回、母と2回。(よく彼もつきあってくれたものです。感謝。)
二人の意見を聞きつつ、決定。

ウェディングもカラーも気になるのは、片っぱしから試着しました。

見るのと着るのとは大違いで、絶対着ないと思っていた
プリンセスラインまで・・・
ま、これは、確かに合わなかった・・・

着れば着るほど、わからなくなる。とは、わかっていても。

で、思い出した。

私たちのコンセプト「大人婚」!!


「大人婚」を意識すると、ウェディングドレスは
「上質なしっかりとしたサテンの生地の
シンプルなAラインのドレス」


他のドレスより、見た目が上質大人婚にぴったり


カラーは大好きな赤を着たかったのですが、
気にいったのがなかったことや、知りあいが着てしまったこともあり、
他の色も物色しまくったうえ、
ネイビーのAラインのドレスに決定!!

これは、担当者が最初に「これも似合ってますよ・・・」と
控えめにおしてくれていたドレスでした。

そのときに、一緒に考えたいのが、ブーケ!!

カラードレスはブーケの色によっても雰囲気が全然かわります。

私はネイリストの子に
「紺のドレスに白のブーケは綺麗ですよ~」と言われ、
想像しただけでも、大人婚にぴったり!!

しかも、ウェディングにも使える。

紺にピンクやオレンジではかわいすぎる、赤はきつすぎる・・・
白しかない!!

あと、小物も大切
付属の小物(髪飾り)がとても、若い人向けのものでした。

ま、これは、白の生花で代用するつもりだったので、
特に問題なし。

アクセサリーは、親戚の伯母様のイエローダイアモンドの
ネックレスとイヤリングをお借りしました。


そんなこんなで親にあきれながら、
1か月半もかかって決まりました。




結婚式までのスケジュール

2013 - 01/17 [Thu] - 11:03

結婚式の日取りが決まれば、
後はその日に向かって準備が着実に進んでいきます。

私の選んだ式場では、最初の会場決定時に担当してくれたから、
実際の担当者にバトンタッチしました。
(予約とるまでが、ベテランの役目だったみたいです)

逆算して、招待状の発送、衣装合わせ、
引き出物、写真の前撮りなど・・・

招待状の発送日も暦がよい日に発送するなど、
担当者が教えてくれます。

約3ヶ月しかない準備期間は、短いといわれてるので、
ものすごく忙しいと思ったのですが、(打ち合わせだらけとか)
心配になるくらいなローペースの打ち合わせでした。

何度、このペースで大丈夫なのか?と
担当者に聞いてしまった。


おおまかな私たちの場合のスケジュールは、

 74日前   招待者リスト提出
             (印刷が仕上がってからは、手書きで宛名書)
 60日前   招待状発送
 30日前まで 衣装決め
             (全衣装が常にあるわけではないので、何回か通った上に決定)
 40日前頃  引き出物、料理決定
             (ビッグイベントがあるので、その日に一気に決めていく)
 30日前   司会者との打ち合わせ開始
             (全部で3回程度、後は電話相談)
 10日前   前撮
             (悩んだ末のギリギリの日程)
 7日前まで  披露宴で使用する曲の選曲
             (最終提出日)
 

あまりのローペースや担当者のたよりなさに
(最終的には問題はありませんでしたが)
かなりイライラしてしまいました。

お恥ずかしいことに
式場紹介してくれた担当者にまで
苦情を言ってしまいました。

やはり、やるからには、知らなかった思ったのと違うだけでは、
すまされないという気持ちが大きかったのだと思います。

でも、そこはベテラン?

最後はどうにか間に合いました。


貸切のあるハウスウェディングでは、
いきなり5センチ以上もある分厚いマニュアル本を渡せれて、
読まされるそうです。

私はともかく彼は、絶対に読んでくれないだろう。。。
よかった、よかった。

結婚式日取り、入籍はいつ?

2013 - 01/16 [Wed] - 11:01

結婚式の日取り入籍の日って悩みます・・・

出会った記念日、付き合った記念日、誕生日などありますが、
結婚したい時期と記念日が半年もずれていたりして、
なかなかこの日がいいと決めれませんでした。

暦が悪いのはさすがにNGで考えた結果、
喪中だったこともあり、喪があけた年の
「最初のハッピーマンデーではない祝日」に決定!!

祝日だと必ず、お仕事がお休みなので
・一緒にいられる!
・忘れにくい!!

という良さもあるんですよね。

挙式も同じ日にしたいと思っていましたが、
真冬は絶対に風邪をひくし、嫌だといいきる彼にまけて
約1ヶ月後の覚えやすい日に決定!
(会場の予約状況が一番の難題なので、早い予約にこしたことはありません。。。)

いろいろ悩んだことで気がついたことは・・・

年齢にもよるかとは思いますが、二人とも喪中続きだったため
年が明ける節分の後にできるだけ早く挙式を行う
参列者も出席しやすいのではと気がつきました。
(理由はわかりますよね???)

ちょうど連休になれば、一泊二日の温泉旅行
連休にならなければ、
ちょっと豪華なランチかディナーでお祝いしたいと思ってます。


ちなみに祝日には役所はお休みなので、
休日専用窓口での受付になります。

もし、婚姻届に不備があると受理されないので、
事前にチェック!してもらっていたほうがよいかと思います。

実際に simplelifeup もちょっとした不備がありました。


式場選び

2013 - 01/15 [Tue] - 10:36

式場選びの日々が始まりました。

休日の土日になれば、結婚式相談会やイベントの日程を見ながら、
気になる式場へ予約・・・

休みのデートがほとんど式場めぐりになってしまいましたが、
思ったより彼は楽しんでくれてよかったと思ってます。

もちろん、どの式場に行くかは、ほとんど私任せです。

自分の知らない世界や最近の結婚式のありかたが
昔とは違ってきたりしていたり、
たまにちょっとした食事も試食できます。

最近では、ゴスペルのオプションで会場を盛り上げたり、
式前に母親のベールダウンという儀式があったり、
いろんな演出があって、勉強になりました。

ドレス試着もさせてくれたり・・・
私は恥ずかしかったのですが、彼は思っていた以上に喜んでいた?
結婚を実感してきたみたいで、
これは、意外によかったイベントでした。

見れば見るほど、あれもこれもいい。。。

と、目移りして一つに決めれない。

費用もピンからキリまであるし、
一見、お得そうに見えても、追加料金がやたら高めの設定だったり。

最初の見積りから1.5倍にはなると
大げさに思っていたほうがよいかもしれません。

平均的には2,3箇所みて、決められる方が多いとのこと。

私たちは、欲張りなのかせっかくなので、いろんなタイプを見て回りました。

・スタンダードなホテルウェディング
・ヨーロッパを感じさせるような大聖堂がある結婚式会場
・リーズナブルで人気のホテルウェディング
・新しいタイプのウェディング会場


どれも、どれでよい。

結局、予定より少ない4ヶ所をみて
「リーズナブルで人気のホテルウェディング」
に決めました。


決めたポイントは、

・同じ内容なら断然リーズナブル
・年間挙式数も多くて人気
・彼の友人も同じホテルで結婚予定
・スタッフがベテラン揃いで慣れてそう



出席者が親族が多いことで、若者向けの演出や会場は、必要ないだろうし、
反対にひかれてドン引きしても困る。

微妙な結果、出費が高いだけのも・・・

あまり派手にすると、両親の目が・・・

いろいろ考慮すると、ベーシックな感じがよいかなと。


あと、姉にピアノ演奏をお願いするつもりだったので、
ピアノ使用料も大きかったですね。

2,3万のところもあれば、10万円!!!

5倍近くの差はなに?と思うと
搬入するのに一度、解体するから手間賃がかかるとのこと。

また、よく聞けば、グランドピアノではなく、アップライトピアノだったり・・・

この細かいところもチェックしていかないと、
後で後悔しますので、気をつけてください!!


結婚式はする?しない?

2013 - 01/14 [Mon] - 09:56

結婚式をするかしないか・・・

私の兄弟も彼の兄弟も、きちんとした形での結婚式は全員していないことや
年齢のこともあって、地味婚でいこうかとも思っていました。


でも、3姉妹の中で、いき遅れの私の
「ウェディングドレス姿を楽しみにしている」
とはっきり母に言われたことで、したほうがよいなと確信。


今まで、心配かけたし、
それに彼も長男だから、親族の手前、披露宴はしたほうがよいのでは?と。

彼は初婚同士だから、するかな?レベル。


必要でなければ、ムダな出費はしたくない感じ。

しかし、確かに調べたら調べるだけ、かなりの出費。

ご祝儀で賄えるといえども、自分たちの持ち出しも一時的にはあるものだし、
おもてなし(料理など)は、十分にしたいので、悩みどころでした。


「考えるより産むがやすし」


貯金は減るけど、一生に一度のことだし、
豪華ではなくても最低限でみんなが喜んで帰ってもらえるような
式にしたいと思いました。

とりあえず、相談会でいろんな式の情報をゲットして、
見積もりをもらうことから始まりました。

ちなみにハネムーンは、絶対に行く!と私は決めてました。

だって、二人だけで海外旅行を行く機会は、
今、いかないと、何十年も先になりそうだし、
新婚の特別な気持ちでの旅行は今だけ!!

その今だけ!を味わいたくて・・・

結婚までの道のり、思ったより長かった・・・

2013 - 01/12 [Sat] - 11:30

結婚までの道のり・・・

お互い年齢が若くないので知り合って、
かなりすぐに結婚は意識していました。


相手も「もし、結婚したら・・・」とか
「同居は最初からしないほうがいいと思うって母親と話している」とか・・・


結婚までは、とんとん拍子と思ってましたが・・・


「相手があることだけに自分の予定通りにはいかないもの」

なかなか、その次の一歩、プロポーズ的なものが、なかなか聞けなかったのです。


私の人生の中で、久々・・・いや、初めての足踏み状態


結婚を焦っているわけでは、ありませんでしたが。
焦っている女性状態で、少々、惨めな感じな日々が続きました。


そのうちに男性が結婚に踏み切れない理由は、
金銭的な問題(結婚式って結納や披露宴や何かとかかるもの)が
多いことを知りました。

また、男性は、こういう大事な決断は、なかなかできない
うやむやなケースも多いとのこと。


「女性のほうが、決めたら早い」


これは、私たちに限ったことではないらしいと教えられました。

今後の結婚生活も大事な決断をなかなかしないときは、
女性がうまく導いていくしかないみたいです。
(俗に言う、手のひらで転がす? 私にできるのか・・・)

それが、結婚生活でうまくいく秘訣の一つとも教えられました。


悔しいながらも、自分が思っていたプロポーズではなく、
はっきり言わないといけないんだ状態でのプロポーズだったので、
ロマンティックな雰囲気でも全くなくて、
私も(怒っていたので)「考えておくわ」って適当な返事。


そんな中でやっと、次への一歩が動き出したのでした。


ま、ここからも、いろいろと不幸事があったりで、
進み方はのろのろでしたが・・・(笑)


結婚か仕事か・・・

2013 - 01/11 [Fri] - 11:02

結婚を意識したときに、仕事を辞めるか続けるか・・・

simplelifeup も考えました。


システムとして10年以上、仕事中心の生活を送っており
プロジェクトが終わるたびに、このままずっとこれでよいのだろうか・・・

20代後半ぐらいから、感じ始めてました。


「仕事を続けたければ、子供の面倒はみるよ。」と姑。


ありがたい言葉だけど、フルタイム+残業続き+出張多数の仕事量
理解していないんだなあ・・・と。

面倒みてくれても、10分の通勤時間が60分になるのなら・・・
今以上に、しんどい。。。


年齢が年齢だけに、子供を続けて二人は欲しいけど
産休を続けてとれるような甘い職場なんて、そうそうない。


「子供が小さい時は、できるだけそばにいてあげたい!」

収入は減るけれども、対価は大きい。

☆ 仕事を辞めるデメリット ☆
 ・収入が減る
 ・社会と断絶される(ような気になる)
 ・交際関係が減る

☆ 仕事を辞めるメリット ☆
 ・余裕をもって家事ができる
 ・子供と一緒にいてあげれる
 ・親の介護も可能


仕事を続けて、家事との両立。

できないとは思いませんが、私の場合は、
仕事が中途半端になりそうな気がしました。

中途半端な仕事なら、しないほうがいい!!

プライドをもって仕事をしていたつもりなので、
中途半端になるのが嫌だったんですね。


ほんとフルタイムのお母さんはすごいと思う!!


家事も育児も仕事も・・・
旦那様が家事を手伝ってくれる家庭もあるとは思いますが、
意外と少ないし、なんせ女性と同じレベルの家事はなかなかできない!


生活はぎりぎりになるかもしれないが、
ストレスがない生活で子供を自分の手元で育てたいと思いました。

フルタイムではなくても、
今では、育児しながらでも家で仕事ができる環境が整っています。

社会と引き離された感はあるかもしれませんが、
形は違えども、社会とつながえることはできるかな?と思ってます。


最後の決め手は、
夫には家事は難しい・・・(できないことはないが、苦痛だろう)


結婚したために、仕事だけでなく、家事もすることになった、
と、姑に思われても仕方がない。


なら・・・
きっぱり辞めて、夫が帰りたくなるような家作りをしよう!
と。


退職した後、友達にも表情が違うと言われ、
自分自身にも気がつかないうちにストレスや疲れが表情に出ていたのだと思いました。


シンプル生活には、お金はそんなに必要ではない・・・と
信じて。(笑)


でも、いつかフルタイムで仕事復帰したいです。
根が仕事人間みたいです。


結婚について

2013 - 01/10 [Thu] - 08:11



ずっと結婚を意識できる相手が見つからず、
OL生活を続けていました。

出会う人はいても、
・なぜか意識できない。
・結婚生活が想像できない。

もしかして、人を愛する心にかけているのか・・・とも。


そんな simplelifeup が結婚を意識できたのは、

 1.歳をとって、二人きりでも楽しく生活できる
   将来、二人きりの生活になったときに
   面白くない生活なら結婚したくないし、苦痛になってしまう。
   最低限の生活ができれば、贅沢言わなくて楽しいはず。

 2.嫌な部分をみても目をつぶれるか
   人の悪い部分とか嫌な部分は、後になってわかることも多い。
   もし、嫌な部分をみて、嫌いになってしまうくらいなら、あまり好きではない証拠。
   それくらいの許容がなければ、結婚生活は危ないと考えました。
   もちろん、許せれない部分が出てきた場合は・・・臨機応変にかなあ?       

 3.同じ学歴
   学歴が人を判断するわけではありませんが、
   大卒という学歴は隠せないし、消せません!!
   何かもめたときに、「大卒だから・・・どうせ高卒は・・・」と
   学歴のことを言われると何も言えません。
   

後、条件的にしいていえば・・・

 4.金銭感覚が似ている
   最後は、金。
   とは、思わないが、浪費家で火の車状態だとうまくいくもののいかないと思う。
   
 5.身長が170㎝以上
   私も女性では高いほうということもあるせいか、
   身長が変わらないと、なぜか恋愛感情がわかない・・・

 6.食べることが好き
   私自身、食べることが好きなので一緒に楽しみたい。
   料理を作っても、あたりまえのように食べたり、食べてくれなかったりするより
   美味しいと言って食べてもらいたい。

 7.スポーツができる
   スポーツがそこそこできたので、相手がスポーツができないと
   喧嘩したときとか、何かのタイミングでバカにしてしまいそう。

 8.運転がうまい
   車の運転が好きなので、相手が運転が下手だと疲れる。
   自分ができるレベル以上は出来てほしい。(これって贅沢?)



個人的な主観で、意見はいろいろとあるとは、思いますが、
simplelifeup は、こう考えてました。

もし、同じような存在が複数いたとしたら、
家族構成なども考慮します。(笑)

俗に言う
 ・長男ではない
 ・親との同居はしない
 ・小姑がいないこと

でも、現実は長男だらけだし、同居や小姑問題がない相手は
ほとんどないと思います。


ということで、どんな家であっても(程度によりますが)
「相手自身をそのまま愛せるかどうか」
 に尽きます。

恋愛や結婚においても シンプルな考え はとても重要でした。


「結婚は自分たちだけのものではない、周りあっての幸せ」
姑に最初に言われました。

確かにそう。でも、違う。
私は、自分たちがしっかりしていれば、周りの問題も大丈夫と考えました。

もちろん、周りの人も大事。
周りの人がよくても、自分たちの絆がなければ、意味がない・・・と。


相手に尽くすと決めれば、多少の問題も大した問題ではないんです。


これから、年月がたつにつれて、
考えが甘かった・・・と思う日が来るかもしれません。


でも、「相手自身」が一番大切だと思います。




プロフィール

2013 - 01/01 [Tue] - 00:10

はじめまして、simplelifeup です。

ブログ始めました 37歳主婦をしております。
(正確にはパート主婦です)

「主婦のシンプルライフ【節約生活&心の整理整頓】」

シンプルライフに憧れ、イメージはできつつもなかなか実行できず・・・
何年も過ぎているのが実態ですが、
物理的ではなくて、心の中もシンプルにするということが、
いかに自分らしく、心地よく生活できるかがわかってきたつもりです。

まだまだ若輩ものなので、人生の先輩方々から言わせれば、まだまだです。


「継続は力なり・・・」


という言葉を、ひしひしと実感しています。

取り戻せない過去なので、未来に向けて
これから、どんどん私自身も成長していけたらと思ってます。

よろしくお願いします。




 ★ 私の自己紹介

1976年生まれ、B型、女性。

中国地方在住、37歳。

夫(同級生)との二人暮らし。




 ★ 私の経歴

サラリーマン家庭の二女として生まれ、

地元の理系大学を卒業し、

地元の企業でシステム担当で13年働き、

1年のゆっくりした失業生活後、結婚。

現在、短時間パート主婦に至る。

そして、2013年3月から不妊治療5を始めました。

2013年4月 人工授精1回目 → NG
2013年5月 人工授精2回目 → NG
2013年6月 人工授精3回目 → NG
2013年7月 人工授精4回目 → NG
2013年8月 体外受精1回目 ※判定待ち中




 ★ 私の好きなこと、もの(趣味)

・好きなこと
 食べること、タップダンス、ピアノ、ドライブ、旅行、温泉

・好きなもの
 きりん、猫

・好きな食べ物
 チョコレート、コロッケ、コーラ

 

 ★ 私の夢

・幸せ家族計画

・家計を気にせず、食材を買うこと



 | HOME | 

プロフィール

simplelifeup

Author:simplelifeup
あくまでも心地よい生活を目指す主婦のブログです!!
毎日の出来事や気持ち、また節約生活や家計事情、など色々と綴っていきたいと思います♪
よろしくお願いします

2013年 3月から不妊治療を開始しました。
2013年
  4月 人工授精1回目 NG
  5月 人工授精2回目 NG
  6月 人工授精3回目 NG
  7月 人工授精4回目 NG
  8月 体外受精1回目 NG
 11月 体外受精2回目 NG
 12月 体外受精3回目 陽性
     7週3日目で繋留流産
2014年
  1月 2周期のお休み期間中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

基礎体温表

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
131位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Thanks !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。