シンプルライフを目指す、パート主婦の日々の生活や出来事、節約や心のつぶやきなどを綴っていきたいと思います♪ 不妊治療も頑張ってます!

  主婦のシンプルライフ 【節約生活&心の整理整頓】のナビゲーター   トップページ > 結婚について  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式日取り、入籍はいつ?

2013 - 01/16 [Wed] - 11:01

結婚式の日取り入籍の日って悩みます・・・

出会った記念日、付き合った記念日、誕生日などありますが、
結婚したい時期と記念日が半年もずれていたりして、
なかなかこの日がいいと決めれませんでした。

暦が悪いのはさすがにNGで考えた結果、
喪中だったこともあり、喪があけた年の
「最初のハッピーマンデーではない祝日」に決定!!

祝日だと必ず、お仕事がお休みなので
・一緒にいられる!
・忘れにくい!!

という良さもあるんですよね。

挙式も同じ日にしたいと思っていましたが、
真冬は絶対に風邪をひくし、嫌だといいきる彼にまけて
約1ヶ月後の覚えやすい日に決定!
(会場の予約状況が一番の難題なので、早い予約にこしたことはありません。。。)

いろいろ悩んだことで気がついたことは・・・

年齢にもよるかとは思いますが、二人とも喪中続きだったため
年が明ける節分の後にできるだけ早く挙式を行う
参列者も出席しやすいのではと気がつきました。
(理由はわかりますよね???)

ちょうど連休になれば、一泊二日の温泉旅行
連休にならなければ、
ちょっと豪華なランチかディナーでお祝いしたいと思ってます。


ちなみに祝日には役所はお休みなので、
休日専用窓口での受付になります。

もし、婚姻届に不備があると受理されないので、
事前にチェック!してもらっていたほうがよいかと思います。

実際に simplelifeup もちょっとした不備がありました。


スポンサーサイト

結婚までの道のり、思ったより長かった・・・

2013 - 01/12 [Sat] - 11:30

結婚までの道のり・・・

お互い年齢が若くないので知り合って、
かなりすぐに結婚は意識していました。


相手も「もし、結婚したら・・・」とか
「同居は最初からしないほうがいいと思うって母親と話している」とか・・・


結婚までは、とんとん拍子と思ってましたが・・・


「相手があることだけに自分の予定通りにはいかないもの」

なかなか、その次の一歩、プロポーズ的なものが、なかなか聞けなかったのです。


私の人生の中で、久々・・・いや、初めての足踏み状態


結婚を焦っているわけでは、ありませんでしたが。
焦っている女性状態で、少々、惨めな感じな日々が続きました。


そのうちに男性が結婚に踏み切れない理由は、
金銭的な問題(結婚式って結納や披露宴や何かとかかるもの)が
多いことを知りました。

また、男性は、こういう大事な決断は、なかなかできない
うやむやなケースも多いとのこと。


「女性のほうが、決めたら早い」


これは、私たちに限ったことではないらしいと教えられました。

今後の結婚生活も大事な決断をなかなかしないときは、
女性がうまく導いていくしかないみたいです。
(俗に言う、手のひらで転がす? 私にできるのか・・・)

それが、結婚生活でうまくいく秘訣の一つとも教えられました。


悔しいながらも、自分が思っていたプロポーズではなく、
はっきり言わないといけないんだ状態でのプロポーズだったので、
ロマンティックな雰囲気でも全くなくて、
私も(怒っていたので)「考えておくわ」って適当な返事。


そんな中でやっと、次への一歩が動き出したのでした。


ま、ここからも、いろいろと不幸事があったりで、
進み方はのろのろでしたが・・・(笑)


結婚か仕事か・・・

2013 - 01/11 [Fri] - 11:02

結婚を意識したときに、仕事を辞めるか続けるか・・・

simplelifeup も考えました。


システムとして10年以上、仕事中心の生活を送っており
プロジェクトが終わるたびに、このままずっとこれでよいのだろうか・・・

20代後半ぐらいから、感じ始めてました。


「仕事を続けたければ、子供の面倒はみるよ。」と姑。


ありがたい言葉だけど、フルタイム+残業続き+出張多数の仕事量
理解していないんだなあ・・・と。

面倒みてくれても、10分の通勤時間が60分になるのなら・・・
今以上に、しんどい。。。


年齢が年齢だけに、子供を続けて二人は欲しいけど
産休を続けてとれるような甘い職場なんて、そうそうない。


「子供が小さい時は、できるだけそばにいてあげたい!」

収入は減るけれども、対価は大きい。

☆ 仕事を辞めるデメリット ☆
 ・収入が減る
 ・社会と断絶される(ような気になる)
 ・交際関係が減る

☆ 仕事を辞めるメリット ☆
 ・余裕をもって家事ができる
 ・子供と一緒にいてあげれる
 ・親の介護も可能


仕事を続けて、家事との両立。

できないとは思いませんが、私の場合は、
仕事が中途半端になりそうな気がしました。

中途半端な仕事なら、しないほうがいい!!

プライドをもって仕事をしていたつもりなので、
中途半端になるのが嫌だったんですね。


ほんとフルタイムのお母さんはすごいと思う!!


家事も育児も仕事も・・・
旦那様が家事を手伝ってくれる家庭もあるとは思いますが、
意外と少ないし、なんせ女性と同じレベルの家事はなかなかできない!


生活はぎりぎりになるかもしれないが、
ストレスがない生活で子供を自分の手元で育てたいと思いました。

フルタイムではなくても、
今では、育児しながらでも家で仕事ができる環境が整っています。

社会と引き離された感はあるかもしれませんが、
形は違えども、社会とつながえることはできるかな?と思ってます。


最後の決め手は、
夫には家事は難しい・・・(できないことはないが、苦痛だろう)


結婚したために、仕事だけでなく、家事もすることになった、
と、姑に思われても仕方がない。


なら・・・
きっぱり辞めて、夫が帰りたくなるような家作りをしよう!
と。


退職した後、友達にも表情が違うと言われ、
自分自身にも気がつかないうちにストレスや疲れが表情に出ていたのだと思いました。


シンプル生活には、お金はそんなに必要ではない・・・と
信じて。(笑)


でも、いつかフルタイムで仕事復帰したいです。
根が仕事人間みたいです。


結婚について

2013 - 01/10 [Thu] - 08:11



ずっと結婚を意識できる相手が見つからず、
OL生活を続けていました。

出会う人はいても、
・なぜか意識できない。
・結婚生活が想像できない。

もしかして、人を愛する心にかけているのか・・・とも。


そんな simplelifeup が結婚を意識できたのは、

 1.歳をとって、二人きりでも楽しく生活できる
   将来、二人きりの生活になったときに
   面白くない生活なら結婚したくないし、苦痛になってしまう。
   最低限の生活ができれば、贅沢言わなくて楽しいはず。

 2.嫌な部分をみても目をつぶれるか
   人の悪い部分とか嫌な部分は、後になってわかることも多い。
   もし、嫌な部分をみて、嫌いになってしまうくらいなら、あまり好きではない証拠。
   それくらいの許容がなければ、結婚生活は危ないと考えました。
   もちろん、許せれない部分が出てきた場合は・・・臨機応変にかなあ?       

 3.同じ学歴
   学歴が人を判断するわけではありませんが、
   大卒という学歴は隠せないし、消せません!!
   何かもめたときに、「大卒だから・・・どうせ高卒は・・・」と
   学歴のことを言われると何も言えません。
   

後、条件的にしいていえば・・・

 4.金銭感覚が似ている
   最後は、金。
   とは、思わないが、浪費家で火の車状態だとうまくいくもののいかないと思う。
   
 5.身長が170㎝以上
   私も女性では高いほうということもあるせいか、
   身長が変わらないと、なぜか恋愛感情がわかない・・・

 6.食べることが好き
   私自身、食べることが好きなので一緒に楽しみたい。
   料理を作っても、あたりまえのように食べたり、食べてくれなかったりするより
   美味しいと言って食べてもらいたい。

 7.スポーツができる
   スポーツがそこそこできたので、相手がスポーツができないと
   喧嘩したときとか、何かのタイミングでバカにしてしまいそう。

 8.運転がうまい
   車の運転が好きなので、相手が運転が下手だと疲れる。
   自分ができるレベル以上は出来てほしい。(これって贅沢?)



個人的な主観で、意見はいろいろとあるとは、思いますが、
simplelifeup は、こう考えてました。

もし、同じような存在が複数いたとしたら、
家族構成なども考慮します。(笑)

俗に言う
 ・長男ではない
 ・親との同居はしない
 ・小姑がいないこと

でも、現実は長男だらけだし、同居や小姑問題がない相手は
ほとんどないと思います。


ということで、どんな家であっても(程度によりますが)
「相手自身をそのまま愛せるかどうか」
 に尽きます。

恋愛や結婚においても シンプルな考え はとても重要でした。


「結婚は自分たちだけのものではない、周りあっての幸せ」
姑に最初に言われました。

確かにそう。でも、違う。
私は、自分たちがしっかりしていれば、周りの問題も大丈夫と考えました。

もちろん、周りの人も大事。
周りの人がよくても、自分たちの絆がなければ、意味がない・・・と。


相手に尽くすと決めれば、多少の問題も大した問題ではないんです。


これから、年月がたつにつれて、
考えが甘かった・・・と思う日が来るかもしれません。


でも、「相手自身」が一番大切だと思います。




 | HOME | 

プロフィール

simplelifeup

Author:simplelifeup
あくまでも心地よい生活を目指す主婦のブログです!!
毎日の出来事や気持ち、また節約生活や家計事情、など色々と綴っていきたいと思います♪
よろしくお願いします

2013年 3月から不妊治療を開始しました。
2013年
  4月 人工授精1回目 NG
  5月 人工授精2回目 NG
  6月 人工授精3回目 NG
  7月 人工授精4回目 NG
  8月 体外受精1回目 NG
 11月 体外受精2回目 NG
 12月 体外受精3回目 陽性
     7週3日目で繋留流産
2014年
  1月 2周期のお休み期間中

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

基礎体温表

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
127位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Thanks !!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。